賃貸選び・引越し業者選びで失敗しないコツ

賃貸選びや引越し業者選びで失敗しないコツや体験談などなど

引越し先にエレベーターがない場合の対処法

アパートやマンションなどの集合住宅に引っ越す場合、

必ずしもエレベーターがあるとは限りません。

 
エレベーターの有無によって引越し業者のスタッフの労力も変わってきますし、

費用の面でも大きく差が出てきます。
ですから事前に見積もりの段階で、そのことを引っ越し業者に伝える必要があるのです。

 

 

例えばアパートやマンションの1階だったら、ほとんど引越し料金に差異はありませんが、

2階以上になるのであれば追加の料金を取られることがほとんどです。

 
エレベーターがなければ、それだけ荷物を運ぶのに労力が必要になりますから、当然ですね。
もし見積もりの段階でエレベーターの有無を伝え忘れていたとしたら、

後から高額の請求をされてびっくりする、なんてこともありえます。

 

 

その他にも、引越しの作業中に近くにトラックを停められない立地だった場合、

玄関が極端に狭くて荷物が搬入できないなどの場合も、割高になる可能性が高くなります。
また大物の家具や家電をクレーンを使って窓から入れたりする場合も割増料金をとられます。

 
ですから事前に持っていく荷物の選別をして、新居には相応しくない大型の家具や家電を買い換えたり、

処分したりすることのほうが逆に安くつく場合もあります。
できれば部屋選びの段階から、そういった点にも注意しておきましょう。
広告を非表示にする