賃貸選び・引越し業者選びで失敗しないコツ

賃貸選びや引越し業者選びで失敗しないコツや体験談などなど

引越しの際の区役所への手続き

引越しをする際には区役所等へ面倒な手続きが必ず必要になってきます。
最初に行うのは転出の手続きで、引越しの当日までに国民健康保険

国民年金介護保険、乳児医療などの手続きを行う必要があります。

 

それらの証明書や書類をすべて揃え印鑑と一緒に区役所の窓口まで持参し、

転出証明書を発行してもらいます。
そして転出証明発行後2週間以内に引越し先の区役所でも再び上記の書類を持参し今度は転入の届け出をします。
印鑑登録も引越しで転出をすると抹消されるので、新たに引越し先で登録をする必要があります。

 

他にも原動機付自転車を所持している場合も転出による届出が必要です。

印鑑と車両番号交付証明書、ナンバープレートを持参し廃車証明書を発行してもらいます。

 

その後引っ越し先の区役所で新たに登録をする必要があるのですが、

その際には印鑑、住民票、廃車控えと車体ナンバーの控えが必要です。

 

また引越しをした場合の児童手当は、済んでいた地域の区役所に印鑑を持参し児童手当の受給消滅を届け出て、

今度は引越し先で児童手当の加入手続きを新たに行う必要があります。

 

このように引越しが決まったら、

それまで住んでいた場所の区役所と引越し先の区役所にたくさんの届けをする必要がでてきます。
とてもわずらわしい作業ですが重要なことですので、引越しの作業で忙しくても忘れないように注意しましょう。

 
広告を非表示にする