賃貸選び・引越し業者選びで失敗しないコツ

賃貸選びや引越し業者選びで失敗しないコツや体験談などなど

賃貸選びの流れ

まず始めに、引っ越しをする期間についてです。
転勤先や立ち退き、一人暮らし等さまざまな理由で引っ越しを考える事と思います。

 

まずは1ヶ月、引っ越す場所の相場、物件選びをネットで探します。
ネットが無ければ不動産屋へ希望する条件を伝え、探してFAX等で送ってもらいます。
不動産屋は何件でもOKです。

 

そして内見に行くとして多く見積もって1ヶ月。

入居まで準備がありますからまた1ヶ月。

余裕を持たせて3ヶ月前からスタートさせるといいと思います。


物件を探す際は、周辺環境がいい場所か、女性の方なら夜でも人通りが多い場所・街灯があるなど防犯面はチェックしておくことをお勧めします。


後はこまごましたことでしたら、風呂・トイレが別がいいか。これは男性はあまり気にされない方もいるかもしれませんが、友人を呼ぶなど多くありましたら別の方がいいですね。


間取りに関しましましてはご家族の方でしたら部屋は離れている方がいい等ありますから見ておかれるといいと思います。

 

日当り、窓の作り等気持ちよく生活できるか、実際に内見される事をお勧めします。バルコニーが有る無し、洗濯物が干せるスペースがあるか、洗濯機は室内設置の方が夜でも洗濯機を使う方にはいいと思います。窓の向きも重要です。窓を開けたら常に人の目があると落ち着きませんし、洗濯物を干すのにも気を使うかと思います。

 

内見についてですが、気になる事があればどんどん担当の方に質問しましょう。ここはどういう方が住んでいるのか、前住んでらっしゃる方は何故引っ越しをされたのか、ここの汚れや破損など入居時には治してくれるのか、防音はどんな感じなのか。答えれる範囲であれば答えてくれるでしょう。

 

そして申し込み、契約の運びとなります。
業者によって必要となるものがありますので、前もって確認されることをお勧めします。
あとは普通にお勤めの方でしたら問題ないかと思いますが、そして地域にもよりますが審査が厳しいところもあります。だいたい高級物件がそれにあたります。

 

入居までの期間も一番大変だと思うのが荷造りです。

早めにすませて、必要なものは前々日まで、前日には外食等ですませ、いつでも出れるくらいがちょうどいいかと思います。

 

入居してからは部屋のチェックです。破損、不具合等ないか、あれば管理会社にすぐ連絡するか写メをとっておくといいでしょう。


いい新生活を始められるといいですね。

広告を非表示にする