賃貸選び・引越し業者選びで失敗しないコツ

賃貸選びや引越し業者選びで失敗しないコツや体験談などなど

意外と小さな落とし穴はこんなこと!

物件を探しているとよく『日当たり良好』という文字を見かけると思います。
実際にベランダも南向きになっているし、物件の内覧をした際には日が部屋に差し込んでいる時間帯が多いと思います。
ほとんどの方が物件を探しに行く時間帯は昼頃が多いと思います。


実際に私もそうでした。
東側の角部屋で、気に入って即決しました。
ところが、いざ住んでみると気が付いたことがあります。


それは実際に日が当たっている時間が短いことです。
西側にある部屋が南に飛び出ている形のマンションでもあったために、15:00を過ぎると暗くなり、電気をつけないといけない明るさです。
さらには、冬場はその後一気に冷え始めます。


そのため、実際に日当たりがいい物件とは、南と西の両方から日が当たる部屋だと思ってください。


特に、引っ越し前が日当たりのいい場所に住んでいらっしゃっる場合は、そこもチェックしないと後悔すると思います。


そしてもう一つアドバイスさせていただきたいのが、隣人等の近隣住民についてです。
 内覧の際には、隣人について確認することはないと思いますが、せめて不動産業者さんに前の住民が退去した理由を聞いてみることをお勧めします。


私が実際に引っ越した先には、無職のひきこもり男性が隣人におります。

その方は少し変わった方であいさつの段階から良い印象がなく、子供を持つ身としては普通以上に気を配って生活しなくてはなりません。

 

不動産会社ではわからない点もあると思うので、管理会社や大家さんに確認するのもいいと思います。管理会社や大家さんでしたら、住民トラブルについてもよくご存じです。契約前に確認することをお勧めします。


 ほとんどが2年契約の賃貸物件が多いために、2年間は最低でも我慢しようと思う方も多いと思います。後悔しないためにも、少しだけ今後の生活を考えて気になる点を確認するようにしていただけたらと思います。

広告を非表示にする